top of page

在庫管理を人がするのは、もう時代遅れです。

めんどくさいことはAIにお任せ!

在庫オートパイロットアプリOnebeat

イノベーション先進国イスラエルからついに上陸

Onebeatは 24か国 55,000拠点 2億SKU 1兆4,000億円の在庫をリアルタイムで最適化し続けています

usercompanies.png
サプライチェーン成功の鉄則は業界の壁を超えた共創 (オムニチャンネルDAY! 2023年3月10日 岸良裕司 講演のお知らせ)欠品&過剰在庫を解消するリテールテック

サプライチェーン成功の鉄則は業界の壁を超えた共創 (オムニチャンネルDAY! 2023年3月10日 岸良裕司 講演のお知らせ)欠品&過剰在庫を解消するリテールテック

岸良裕司(Goldratt Japan CEO)が 「オムニチャンネルDAY! 業界の壁を超えた共創 2023年3月10日(主催:一般社団法人日本オムニチャネル協会)」で講演を行います。 ▼「会社の儲ける力」YES/NOクイズ 1)店頭と中央倉庫。店頭の方が予想は当たる。 2)AIを使えば予想は当たる。 3)コストがより安い海外で生産すれば、儲かる。 4)早くモノをつくれば、納期は守れる。 5)全員が一生懸命働けば、効率が上がる。  →答えは動画で   【カンファレンス概要】 タイトル:「オムニチャネルDay」 ~ 業界の壁を超えた共創 ~ 開催日時:2023年3月10日(金)10:00~19:00 (受付開始 9:30)   会場:虎ノ門ヒルズフォーラム 5Fホール ■基調講演 「金融を核に金融を超える」  北尾 吉孝氏 SBIホールディングス株式会社 代表取締役 会長 兼 社長 ■特別講演 「エンターテイメントが生み出す新しい価値創造(仮)」  秋元 康氏 株式会社秋元康事務所 作詞家  ■講演1 「サプライチェーン成功の鉄則は業界の壁を超えた共創」  岸良 裕司氏 株式会社Goldratt Japan 代表取締役  ■講演2 「内製による人材リスキリングは組織DXを加速させる」  青野 慶久氏 サイボウズ株式会社 代表取締役社長 ■講演3 「未来を左右する外食のDXとは?」  菊地 唯夫氏 ロイヤルホールディングス株式会社 代表取締役会長  ■講演4 「従来の小売を 越えるための研究開発とマインドチェンジ(仮)」  山本 慎一郎氏 株式会社カスミ 代表取締役社長  【カンファレンス補足】 参加費:当協会会員は無料/一般 50,000円(税込) 詳細は協会公式ページにて https://www.omniassociation.com/ #過剰在庫 #欠品 #リテールテック
retail1

世界最高水準のオペレーションを実現する
Onebeatの特長ご紹介

最先端のアルゴリズムで過剰在庫と欠品を同時解消

50年以上に渡り在庫管理の標準となってきた「ミニマックス法」(在庫がある量を切ったら発注する方式)を時代遅れにする最新アルゴリズム「S/N検定」を実装。具体的な打ち手を推奨するOnebeatは、ただの見える化BIツールではありません。全倉庫、全店舗、全SKUを監視し、過剰在庫と欠品を同時に解消して売上・利益の最大化を実現するExecution(実行支援)ツールです。

注力店舗に在庫を集中させ、それ以外の店舗で大きなロスを生むような部分最適のオペレーションを、全店舗を通じてスループット(真の利益)を最大化する全体最適のオペレーションに変革。お客様の課題を解決するメーカー・卸、そして、お客様が欲しいものを、いつでもすぐに見つけられる実店舗、ECサイトを作ります。

全体最適のサプライチェーン を実現

サプライチェーンの一部を構成する外注先や外部パートナーの管理は、どうにもできないと思っていませんでしたか? 製造、流通、卸、店舗、すべての異種システムをつなぐ柔軟なアドオンシステムOnebeatなら、グローバルのサプライチェーン全体をつないで最適化。ボトルネックを解消し、利益を高速に生み出す仕組みを構築します。関係者全員のWin-Winを実現できます。

導入メリットを事前確認し、現場に即した実践的サポートを実施

世界的ベストセラー『ザ・ゴール』発売から20年以上、全世界のサプライチェーンの問題を解決してきたイノベーション先進国イスラエルのチームと、目覚ましい成果を出し続ける企業を生みだすゴールドラットジャパンのメンバが協力して御社をサポート。企業の繁栄に欠かせない「和」を日本から学び、進化し続けるゴールドラットグループが「月曜日が楽しみな会社」を実現するべく、経営と現場の両方をサポートします。無料シミュレーションの御相談もお気軽にお問い合わせください。確実にメリットがあることを確認した上で、導入を検討できます。

ハードウェアウェアハウス
小売業向けソリューションのご案内

売筋の在庫はすぐ欠品、でも在庫処分は増える一方
売筋は少ししかない、他はまったく売れない
品揃が多すぎて、管理が追い付かない店がある

サイズ欠品、色欠品多発、店間移動で費用増

値引きが多すぎる、利益がでない
何をやるにも人が足りない

こんなお悩みがあって、毎日忙しいなら・・

売筋在庫を多くの店で維持し続ける

死筋だったものが売筋になる

すべての店舗、アイテムをAIが個別に細かく最適管理

サイズ欠品、色欠品がなくなり、欲しいものが

ちゃんと見つかる

売上・利益が増え続ける

面倒はOnebeatに任せられる、人は重要な業務に集中できる

面倒な作業はOnebeatに任せて儲かる会社に!

そのお困りごと、Onebeatが解決します
最先端のアルゴリズムが可能にする
小売業向けソリューション

半世紀前に開発され、現在のほとんどのEPRで使われている在庫補充の基本ロジック「Min-Max法」には、根本的な誤りがあります。過去に比べ短いシーズンの間に需要は大きく変化するマーケットで勝ち抜くには、欠品なく過剰在庫なく在庫を運用する新しい方法論が必要です。

OnebeatはTOC(制約理論)をベースに「Min-Max」を超える最新AIを駆使した独自のアルゴリズムを開発。供給と在庫のどちらの能力も考慮にいれた無理のない在庫目標値を、需要の変化に合わせてすばやく変化させていきます。季節性変動や価格変動に伴う需要の動きを分析・予測するエンジンを搭載。過剰在庫・欠品を同時に減らすことができます。

1. 最適な補充量を自動計算します
hoju.png

値引きを最後まで避けつつ、新商品を棚にいれるスペースを作るためには「ぎりぎり欠品しないだけの在庫確保」を実現する微調整が不可欠です。

Onebeatはあらゆる拠点、あらゆるSKUの実需を詳細に監視。在庫目標値を自動調整。必要最小限の在庫でしかも欠品させないから、売筋を多数の店舗でずっと売り続けることができます。過剰な店間移動も値下げも減り、プロパー消化を増やします。


高度な需要分析によって、売上・ROIを最大化する場所に在庫を振り分ける在庫移動指示を自動算出。物流・費用など様々な条件を考慮にいれており、最小のコストで売上・利益を最大化します。

2.最適な店舗間の在庫移動を自動的に計算

注力店舗での色やサイズの欠品を解消するために在庫を集めることは、かえって他の店舗での欠品問題を悪化させる結果になりかねません。

一方で、各店舗で倉庫に眠っている商品が他の店舗にあれば、すぐに売上になるかも知れません。


色欠品、サイズ欠品、シーズン動向など、様々な要因で在庫の偏在が発生しますが、Onebeatなら、店舗間でのアイテムの移動も自動化、最適化します。

 

配送コストなどを考慮しながら、売上、利益を最大化するための最適な店間移動を自動推奨します。各店舗で眠っている在庫が、確実な売上につながります。

3. イベントにも対応

シーズンの変わり目や、販促イベントでは、通常とは違う準備が必要ながら、店舗・アイテムごとに調整するのはとても大変な作業です。


Onebeatを活用することで、すべての店舗&SKUについて、シーズンや販促イベントに応じて、最適な在庫を自動計算することができます。また、販売が伸びないアイテムを分析し、値下げを推奨することで、期末の過剰な値下げ販売をなくします。

さらに、各店舗で収集されたSKU、カテゴリーごとの詳細な販売情報を基にして、来シーズンの計画立案もOnebeatが支援します。

 

面倒はことはAIに任せることで、人はもっと重要な業務に集中することができます。

4. 品揃えを最適化します

選択肢が多ければ多いほどいいというわけではありません。

お客様は選択アイテムがありすぎることで、かえって選ぶことが苦痛となり、購買意欲が下がってしまうケースもあることがわかっています。


Onebeatは、各店舗のカテゴリーごとの売上を分析し、売上を最大化するよう店舗ごとに適した品揃えを調整します。

 

サイズ欠品・色欠品など、品揃えが壊れていることも検知して対応します。お客様がちゃんと欲しいものを見つけられる「お気に入り」の店作りを強力にサポートします。
 

​これからのシステムに必要な要素

​BIツールで「見える化」して課題を認識できれば充分でしょうか。

起きた課題に反応する絆創膏治療のままでは競争力向上になりません。

必要なのは儲けをつくる相棒AI。システムが課題を認識して対処まで実施してくれたなら、人は人にしかできないことに集中できます。

  1. ​​店舗SKU単位での単品管理。地域特性や店舗サイズにより、SKU単位で需要傾向は異なります。なのに店舗単位の指標管理で充分なのか。Onebeatなら、店舗SKU単位でAIが最適在庫を調整し続けます。 

  2. 品揃えの管理。あれこれ選ぶから買い物は楽しい。品揃えの善し悪しは店の魅力につながります。Onebeatなら、店舗単位でAIが品揃えを調整し魅力的な店舗づくりをお手伝いします。

  3. オートパイロット。見える化だけでは仕事は楽になりません。Onebeatなら、今どの店舗に何を補充すべきか次の手を打つまでを実施し、重要な問題はちゃんと報告・相談してくれる。任せられる、頼れる相棒AIです。

RICHERO.png
SPORTzone.png
t1.png
r1_edited.png

導入実績 (界に広がる実績のご紹介)

270店舗を展開するブラジルの大手ファッション

在庫を半減させながら、売上30%伸長。キャッシュフロー改善40億円を達成

スペイン語圏で多国展開するスポーツアパレル

在庫を4割減らしながら緊急対応を9割削減1,500万点のSKUを5人で管理可能に

インド唯一の全国展開宝石チェーン

在庫回転率22%向上

売上12%増加。

溶解処分62%削減を達成

ご検討~導入~運用定着までの流れ

ご紹介

ご説明

Onebeatの機能についてご説明します。

お気軽にご相談ください。

無料

シミュレーション

過去データ(拠点別の入庫・出庫・在庫)を使って、Onebeatで無料シミュレーションを行います。欠品や過剰在庫がどれだけ減り、どんな財務効果がもたらされるか、ご確認いただけます。

お見積

​ご契約

ライセンス販売、サブスクなど、サービス提供の形態をご相談させて頂き、ご契約いただきます。

データ

ブリッジ​構築

運用前

​トレーニング

現行の社内システム(ERP)とOnebeatをつなぐ方法についてご相談させていただきます。ERPをご提供されている会社様と直接ご相談させていただくことも可能です。

システム操作方法、作業標準書作成から初期値設定まで、運用開始に必要な事項を専任の担当者がご案内いたします。

運用定着

​フォロー

操作・運用が安定するまで、専任の担当者がサポートいたします。また、商品入れ替え時の初期値設定など、いつでもご相談いただくことが可能です。

  • 在庫管理するSKU数に上限はありますか? 
    特にありません。数百万というSKUでも問題なく運用できています。
  • 拠点(倉庫や店舗)や商品を限定して導入することはできますか?                                   
    商品を絞って導入し、徐々に拡大されるお客様はいらっしゃいます。拠点を絞って導入することも可能ですが、在庫を効率的に売上につなげるには、全ての拠点を横断的につなげて見て効率的に配置することが必要なため、お勧めはできません。
  • 製造業ですが、小売りの実販情報をとることができません。導入の意味はありますか?
    自社内の在庫の最適化には効果はありますが、本当の意味での「全体最適」にはなりません。 小売りの皆様のご協力が得られない場合、多くは小売りの皆様にとってのメリット(WIN)が伝わっていないことが原因となっています。 小売りの皆様にメリットを効果的にお伝えし、協力を得られるような提案を作成することを、コンサルティングで支援することも可能です
  • データブリッジ構築には工数がかかりますか? 
    拠点ごとのSKU別入出庫、在庫といった、社内システム(ERP)に既存のデータを、APIやCSVといった形でOnebeatにつなげます。新たなデータをERP側で作成するということは不要なので、多くの工数は必要としません。
  • 価格はいくらですか? 
    サービス提供の形態(ライセンス・サブスク)、利用するモジュール、在庫管理の規模(拠点数や拠点ごとの最大SKU数)などによって金額が決まります。上記を担当者が確認させて頂き、すぐにお見積りを作成します。お気軽にお問合せください。
  • 契約期間に取り決めはありますか? 
    サブスクの場合、初年度は1年間ですが、その後は1か月以上前の事前通知によりいつでも解約することが可能です。
bottom of page