top of page

必要な物を、必要なときに、必要なだけ生産する「後補充生産」がうまく行かない10の理由とは?(過剰在庫と欠品を同時解消する秘訣)④

実はこのソリューションなんですけど、変化と特に激しいファッションのビジネスで活用されているんですね。グローバルにそういう意味ではですね。変化の激しいものに特化したようなソリューションだと言えると思うんですね。


しかも専門的な知識無しで、誰でもその日から活用できるわかりやすさがあって。

え、しかもですね。予算不要と言うことで、実は過剰在庫があれば、そこからですね。資金を捻出できるし、欠品があればちょっと売り上げということで資金捻出できると言うことなんですね。


店間移動 初期配分 自動補充 自動フォロー 季節対応 イベント セール セールイベント 販促イベント 色欠け サイズ欠け アパレル ファッション 服 靴 シューズ 消化率 プロパー消化率 在庫回転率 在庫削減 値引き マークダウン 売り逃し 廃棄 OMO システム ツール SaaS クラウド サービス

さあ、それでどうなるかってことなんですけども、先ほどDBM、ダイナミックバッファマネジメント入ったOnebeatっていう。

しかもこれがどんなのかっていうと、変化し続ける需要にすばやく対応できて、季節需要にも対応できるような仕組みになっています。さらにスループットアカウントという考え方ですね。コストダウンではなくて、どのくらいスループットを稼ぐと会社を儲けるんだって意思決定して。ええ、それによってですね。


超納期部品の不足を解消しているんだってことをやっています。これがですね。よくね、うちのうちはものすごくシェアが小さいんで、これについては、もう、うちは無理です。ともっと購買力がないと。嘘つくなと違いますよ。お客さんから見れば大したことない小さいとこだったらそこだけに。ちょっと僕に回したって優先しちゃって、表には気がつかないから、むしろ小さい方が有利なんだってね。いいでしょ?さらにドラムバッファロープですね。


市場によって、生産リードタイムが劇的に短縮できるってことができますし、

ええ、リアルタイムで需要連動、リードタイムが短くて。在庫の補充も、在庫の変化もちゃんと素早く対応できるって言うことですね。


そしてUnRefusabie Offer。断り切れない提案をすることによって、実需データを一緒に入手して、お客様の売りについて、要するにあのお客さんの売りの状態が入ってるとなんかあれだけど、うちの在庫の状態、情報をください。といったらどう?同じ意味なんだけどね。誰が見たって最終的にいいよって話ですね。


で、さらにお客さんの重大な悩みを解消するためにお客さんの在庫回転率上げるって事したそうするとどうでしょうね?分かるんじゃないかなと思うんですよ。で、これによってどう次に実需にすばやく連動できるようになりますね。


これ出てることをやりきると。で、さらに過剰在庫を解消しながらですね。欠品なくなるっていうことができ。で実は無駄な過剰在庫を作らなければ、無駄な在庫を作らなければキャパシティが作れるんですよ。3ヶ月だったら?それが3ヶ月在庫を持っていたら、2ヶ月分の1ヶ月の在庫に対し、2カ月分の実はキャパが生まれるんだ。ね、実は商品を作ってるんじゃなくて、在庫作ってたんだっていうねえ、それをいらない在庫を作らなければいいってことです。そうすると部品も余る。


でより実は柔軟に対応できる。でお客さんの回転率を上げるってお客さんに喜ばれちゃいまして。営業も全面協力します。すると売り上げが伸びるようになるんです。


なぜ?回転率のね、仕入れたら全部どんどん売れる商品とあんまり売れる商品どっちを一生懸命売ります?当然だけど回転率高い方じゃない。


売れていますっていいとこにやってくるとどうなりますかね?こういった無駄な仕事がなくなったんで、みんなにゆとりが出てきて、実はこれは部品戦略としてはこうした方がいいんじゃないかとか、ものづくり戦略とこうしたほうがいいんじゃないかっていう実は日々の仕事のバタバタがなくなって、長期的戦略を考えられる。


するとお金を生み出す。しかもDXね、いま流行りですけども、デジタルトランストランスフォーメーション。トランスフォーメーションしたものがデジタルになるということ。ねえ、私はXDの方がいいと思うんですけどね。はい。



動画はこちら


Comments


bottom of page