top of page

必要な物を、必要なときに、必要なだけ生産する「後補充生産」がうまく行かない10の理由とは?(過剰在庫と欠品を同時解消する秘訣)①

必要なものを必要な時に必要なだけ生産する後補充生産がうまくいかない10の理由とは?

と言うことで議論したいと思うんですけど、後補充生産ってあのよく話は聞くんです。


生産関係ある方々はね、ものすごく知ってると思うんですけども、

実はこれを改めて辞書で調べてみると。こうやってweblio中に書いてあったんですけども。


後工程引き取り後補充生産とはって、書いてあって、いつ、何をどれだけ必要かが最も早く、正確に分かる後工程が、使った分だけ前工程を引き取りに行き、前工程は引き取られた分だけを生産し、補充する生産方式である。

「必要なものを、必要な時に、必要なだけ生産する」という。ジャストインタイムでJITの理念を実現する生産方式として、トヨタ自動車株式会社元副社長の大野耐一により創案、実践されたとプル方式とも呼ばれ、かんばんはこの方式における情報伝達・制御手段であるって書いてあるんですね。


店間移動 初期配分 自動補充 自動フォロー 季節対応 イベント セール セールイベント 販促イベント 色欠け サイズ欠け アパレル ファッション 服 靴 シューズ 消化率 プロパー消化率 在庫回転率 在庫削減 値引き マークダウン 売り逃し 廃棄 OMO システム ツール SaaS クラウド サービス


スカッとわかる人もいれば、わかんない人もいると思うんですけど、

よく考えてみたらどのくらい作るかっての予想で作るよりも、

どれだけ売れたかってどうですか?予想と現実どちらが正確?


ね、明らかなのは現実だよね。だからその本当にどのぐらい売れたかっていうことを現実をベースに売れたとなったら、あとのが売れたので、

そっから売れた分だけ引き取りに行く。


次にまた、ここもこの部品が使われたら、その分だけ引き取りに行く、

それで引き取りに行く、引き取りに行くとやってくと、実は後工程から引き取りに行くことによって、実は現実に最も確かな情報をベースにして、実は生産ができると言うことになるわけですね。ですから、これとても素晴らしい方法論だと言われるわけですから、変化する現実に対しても対応するのは、現実を捉えてやると予想ではなくて、というところは非常に優れていると言うふうに言われているんですが、なかなかに難しいと言われるんですね。多くの企業からですね。でも、この間もなんですけど、これ失敗したトラウマがあると。言われてるんですで、これ10の障害がって言われてるんですけど、見ていただきたいと思うんですけども。


店間移動 初期配分 自動補充 自動フォロー 季節対応 イベント セール セールイベント 販促イベント 色欠け サイズ欠け アパレル ファッション 服 靴 シューズ 消化率 プロパー消化率 在庫回転率 在庫削減 値引き マークダウン 売り逃し 廃棄 OMO システム ツール SaaS クラウド サービス


これをやるためには10の障害の一つ目なんですけど、需要がコロコロ変わる。

需要がどんどん乱高下する中で。生産はですね、乱高下するわけにいかないでしょうね。

稼働率も台無しになったりするし、非常に難しくなると。


でその中で平準化してやるのは難しい。さらに季節によって需要が大きく異なったら。


これファッションとか、そういうのどうするのか、もう明らかにそうですよね。それをファッションで流行ですから。ものすごい上がって無くなって、ってなっちゃうね。であと季節で寒い暑いのもあるね。さらに、キャパシティが足りないっていうね。これあのどこもね、キャパシティありあまって作ってるのは、そんなところは儲からないでしょ?


ギリギリでやっているんですよ。そういう中でこう乱高下があったらどうするのって話。で、超納期部品とか材料とかですね。部品不足とか今も部品不足、非常にこう深刻になって、そういう中でのリードタイムが長い中で、現実はリアルタイムで起きてるのにリードタイムが三か月四か月だったらどうです?


10週間20週間であったらどうする?それ対応できないじゃないかと思うんですね。で、さらに生産リードタイムもそのせいで長くなってしまうってことなんですね。もう本当に需要がこうやって変化してるのに、生産リードタイムが1週間2週間だったら、それに対してその分だけバッファを持たなきゃいけないですね。切れないようにするため。でそういうことも難しいわけですね。さらに予測が当たらないとね。こうやって平準化していこうと思って、何とかして予測しようとするんだけど、これもなかなか当たらないと。


特に今、変化が激しい時代で予測をあてるのはものすごく難しくなってる。で、さらにシステムは計算する数値が現実となんか合わないっていうので、鉛筆なめなめ。どうしてもやらざるおえない状態になる。そういう中で営業部門をですね。


やっぱりあのどうでしょう?年末とか期末になると私の京セラだったんですけどね。なぜかね。3月末になるとセラミック売れるという不思議な現象があるんですけど、急に3月までのセラミック買いたいって人いるのかなっていつも不思議に思ったんですけど。これもうやってないと思うんですけども。でも、なんとなくこう、3月だって売上あげたりしたら、「やったー!」って気持ちになっちゃうみたいなね。そんなことがあって、これどうですか?明らかに生産の平準化を阻害してませんかね。さらに売上必達のプレッシャーきてるわけで、これ絶対必達するって言われると。一生懸命頑張っちゃう。それで「やったー!」ってビール飲むんですけど、なんか翌月になったら、4月になったらなんかいろんなものが戻ってくるっておかしいんじゃないかと不思議なことやってるなと思うけどね。


お客様の需要データが得られなかったりして、実需データがどうなってるのかわからなかったです。中には小売業で。あの、そういったデータについては提供するの有料ですという、お金出されて貰えないっていうのがですね。自分の商品がどのぐらい売れたか。でも、実はそれは我々にとって一番重要なデータのそれ有用ですって言われてね。どうでしょう?これ後補充ではうちではうまくいかないけど、これだけの。たくさんの理由があったりすると、やっぱりそうならない。まあ、それがですね。トラウマになってやっぱあれはトヨタだからできるんだよ、うちがとても無理だよねって。


実は僕、京セラ時代に言ってたんです。そしたらゴールドラット博士になんて言われたと思います?「No―――――――――――――!」って、本当に似てるんですよ?トヨタができるには理由があるはずだ。それを本当に考えたのか?トヨタ生産方式の手法だけ入れただけで、あなたが、前提が違うんだったら前提が違う。変化する需要に対して対応する応用問題を解いたのか?肝心なのは大野耐一さんの考え方であって手法じゃないんだぞ。今だに新宿の焼き鳥屋さんで喋ったゴールドラット博士の「No――――!」が忘れられないというぐらいに言われたんですけどね。




動画はこちら

Opmerkingen


bottom of page