top of page

小売業でTOCが活発に活用されているのはなぜか?⑥


ね。実は専門知識無しですね。誰でもそういった中で、実は黄色がちょうどいい赤はちょっと欠品になりそうだよ。で、グリーンはですね、ちょっと多めになりそうだよ。そういったシグナルで色でわかるってことなんです。これでこうやって黒は欠品してる。その上の水色は売れてませんってどうやってると。


在庫削減 SCM サプライチェーン 適正在庫 全体最適 部分最適 TOC 小売業

これどう?こうやってると店頭在庫は赤でそれに対してですね。地域倉庫が赤で、その次がこう。中央倉庫だとすると、何が優先順位か一目で分かりますよね。そしたら売れ筋は供給されて不動在庫が減って。そしてどうでしょう?キャッシュ等の埋蔵金が解放される売上が増加し、そして何が起こるか?これ利益が増えるってことが起きるんじゃないでしょうかね。色で店頭の売れ行きがわかってるんですね。色つき、単品管理。


小売業でよく単品管理って言いますけど、色付きでわかることが大事じゃないですか。数字の羅列じゃ分かんないでしょ?だからわかるじゃない?それぞれの現場が自立的に全体最適で動けるような見える化をするってことで。実はいろんなシステムがいろんな会社がいろんな絡んでますんで、それについてですね。単純にデータをブリッジさえちょっと改変すれば、そうするとその場で全部使えるってことになる。本当に他社システムERPも業務システムを何でも繋げるっていう、そういうシンプルなアプリでクラウド上である。


で実はこれ、結果が早く出る。この単位なんですけど、過剰在庫の解消ですよ?これ1ヶ月です。大幅な在庫削減。分かっていたら仕入れないでしょ?一方で欠品が無いんです。どう?大幅な在庫削減でキャッシュフローが生まれ、欠品がなくなったら売上げが生まれる。大幅な資金繰りの改善と売上向上が同時に起きることですで、予算は不要ですよね。だって、結果の過剰在庫が資金を捻出する。過剰在庫、眠った資金、埋蔵金がお金を作るキャッシュマシン’onebeat’に変わるってことで、これのデジタルトランスフォーメーションじゃないでしょうか?ねっDXって言われますけど、こういうロジックがあってこそだってことですね。


在庫削減 SCM サプライチェーン 適正在庫 全体最適 部分最適 TOC 小売業

実はそれを生産現場のメーカーさんに見せるならどうですか?これで色で黒、これ欠品してる赤、これどういうことかっていうと、そのシグナルはメーカーにとってはこれ売れてるんだって分かるんです。今まではこの商品をいくつくれって指示だったのが売れてるってわかるんです。皆さんの現場で。そうやる気にならない?人間だもんね。で、どの色が最優先かわかるでしょ?その判断は小売業のための伝達的になってませんか?これ、売れ行きがわかるとモチベーションはあがりますよね。メーカーとwin-winになるんです。そういう見える化をするような仕組みになって。まあ、色々とあのご相談あると思うんですけど。


動画はこちら

コメント


bottom of page