top of page

小売業でTOCが活発に活用されているのはなぜか?④

実はこのジレンマ。どうやって解消すれば良いかって言うと。売上と増やすこととコストダウンしなければならないことは両立しなければならない。


で、ゴールドラット博士は過剰在庫と欠品を同時解消するシステムを活用するってのはどうでしょうか?で、ゴールドラット博士のキャリアのスタートってご存知ですか?実はね、これでこの本。ですかこの本?ザゴール。これ初版です。これね、今、出ているアメリカの方は第二版なんです。


これね、これ見てこれね。このこれ、実は初版に。どう書いてあるかって言うと、ちょっとアップしていただけるとどうですか?‘The goal‘ is about the OPT。


実はね、ゴールドラット博士の最初のキャリアのスタートは生産システム。生産管理システムなんです。実は彼はフォーチュンの記事で最も成長著しい成長企業として、ベンチャー企業としてハイライトされたぐらいに、米国のですね。製造業が復活した原因だって言われるソフトを開発した。実は伝説のスーパーエンジニア。それがoptimizationオプトopt、いう開発したソフトなんですけども。ですから、彼はソフトソフトウェアを開発するってのわかってるわけですね。


で小売業で用意システム条件をまず定義するんですね。まず導入に手間がかからず、必ず結果がすぐに出なくちゃいけない。ものづくり現場を変える必要はないからですね。だから結果、早く出るらしいで、その部署で応えるシステムを使っていても問題なく稼働。小売業はM&Aが多いんですね。そういう意味でも違うシステムも使われることが多いんですけど、そこで問題だらけだ。ITが。すべてエクセルとかそういうのである場合も多いですね。ERP使ってる場合が少ないってことも、そういった場合でもこれ使える。


在庫削減 SCM サプライチェーン 適正在庫 全体最適 部分最適 TOC 小売業

でさらに一目で全体の状況が把握的に何に注力すればいいかわかる。特に小売業オーナーの経営者が多くですね。その方々が全部見渡して仕事をしたいっていう気持ちを強い人が多い。で、それで何が問題で一目でわかるようにして、それが問題がでかく見えるんですよ。その人にやらなくていい仕事は、システムでなくて現場に入れる。現場の方々って今、何やってるかっていうとね。小売業の方々ってほんと接客が好きだったりしてるんですけども、実は在庫に縛られて。で在庫管理ばっかりしてた。それ楽しくないでしょうねと。人のやる必要のない仕事はシステムに任せられるようにしましょう。



そして需要とか特需とかシーズンエンドとか。まあ季節の変わりもありますんで。そういうオペレーション対応できなくちゃいけない。それとトップの号令をわざわざしなくてもですね。現場が自立的に全体最適に活動できるようになるため、トップの考え方のアルゴリズム、そこに入れておくという。



動画はこちら

Comments


bottom of page