top of page

倉庫と店頭、どちらの方が予想は正確か?⑥

これ、テレビとかそういうのだと、そういうか過剰在庫を作ると廃棄でできないんだよ。こんなことやったらね、本当に作りすぎはあの世行きってこともあるぐらいやっちゃいけないことなのね。


だからこっちを当たり前のことやってるんですよ。常識なんです。

これやったらもうありえないです。非常識であり、環境とビジネスに危機をもたらすじゃないですか。会社もだめですよ。反響もだってサステイナブルな材料を使おうが、廃棄すればそれは環境負荷があるんだと。しかも会社も社員の負荷もある。


で資源の無駄遣いをして、人の無駄遣いするとこれどうですかこれ、人間だってリソースですよ。で。資源は有限で、そして人も有限であるならば、大事に使う方がいいんじゃないだろうかと、こういう業界になるか、こういう業界続けるかということが。やっぱり迫られているんじゃないか?


でもアパレルも昔はこうだったんですよ。だけど、それがああ、まずいとこれじゃあもうずっと生き残っていけない。


それもね、見てくださいよって価格.comあるじゃん。家電なんか見るとどう?毎日、値段下がんない?あれ。

アパレル値段どうでしょう?むしろ下がんないですよね。最初の何ヶ月間ぐらい定価で売れるんですよこれ、夢のような業界なんです。


これが下がるような状況だったら、そのことできないと、今のうちだったらもっと良くないっていうことだと思うんですね。

実はこれについて徹底的に議論したものはいWWDの編集長で、ファッション、ビジネス、ファッションアパレル、ビジネスね。ファッション、ビューティーのビジネスをリードするWWDの編集長村上さん、そしてトヨタ自動車の元技監の林南八さん、そして私が、さまざまなノウハウと知見をアパレルの常識が世の中の非常識ということで、実はほかの業界の知見を入れると上手くなりますよっていう論理を示した上で。


在庫管理 店頭在庫 需要予測 在庫削減



他の業界が血流した本当に厳しい血を流して得られた知見を明らかにして、アパレルでやるとどういう成果が出ますかって実際にあった事例も公開しています。まあね、学びは一緒に解決する講座の仲間がいますので、ぜひこれ。ちょっと見ていただければと思います。



動画はこちら

Comentários


bottom of page