top of page

倉庫と店頭、どちらの方が予想は正確か?②

じゃあ、ばらつきの大きいところで予測すること、ばらつきの少ない所で予測するのどちらの方が良いでしょうか?


常識ですね。


ぱらつきの少ないところになってしまう、ね。


在庫が偏在する理由について考えてみたいと思います。

よく考えるとね。欠品しないために何すると思う?やっぱり店頭に在庫を置いておけば欠品しないと思いませんか?だから店頭に在庫を置いてしまうことしませんか?


ところが。こればらつき一番大きいところです。

どう?バラつきの大きいところに在庫が置いてあるとすると、そうすると、地域倉庫、そして中央倉庫に、在庫がどんどん少なくなったんですね。


そうすると、店頭間の発送とかでやり取りしてるんですけど、そうすると宅急便とか使うんで、ここから送るのはね、まとめて分、コストは安いのに、こっちは宅急便で売ってるんで、利益も吹っ飛ぶようなこともあるぐらい。

どう?ばらつきの大きいところに在庫を、ばらつきの小さいときは在庫少ない。これ、数学的にやって。誰でもわかるよね。これ明らかに間違ってます。これもし思ってたらあなたは間違ってる。ばらつきの大きいところに在庫を押し込むから。それで欠品と過剰在庫が偏在するようになるということ。要するにこういうところに置くから、実は欠品と過剰在庫は同時に起きる様になってしまったんですね。



在庫管理 店頭在庫 需要予測 在庫削減 ばらつき


じゃあ、どうすればいいかって言ったら。店頭どのくらいっていう論理的にわかるんですよ。地域倉庫からの配送期間で切れないルールって持てばいいけど、応援持つ必要ないんですよ。2,3日で届くんだったら。2,3日分しか持たなくてなくていい思うんだよ。


ちょっとバラエティとかもあるでしょうから、その少し持ってもいいけど、地域倉庫にある分にはすぐ来るんだから、残るでしょっていうことで。配送期間の間は持つということであれば、補充期間の間に品切れしない分しないだけ量を持てばいいんだってことになるで少ないでしょ?


複数の小売店をサポートしないといけないか、地域倉庫はちょっと多くなるんですよね。でもう一つは中央倉庫の配送期間。そうすると、複数の地域総合スポーツでちょっと大目に。これとばらつきの大きいところに在庫が少なくて、ばらつきの小さいところに在庫が多いということで、そうすると在庫は適正である。前にさ、在庫を実は偏在と。ええ偏った在庫の配分されているとね、はい。算数で簡単に出来ました。常識ですね。



動画はこちら

Commentaires


bottom of page