top of page

サプライチェーンマネジメント(SCM)で目覚ましい成果を出す会社、出さない会社は何が違うのか?③

ゴールドラット博士は、チェンジザルールの本で、Necessary But Not Sufficient。

実は彼はIT技術を否定はしないんです。むしろ、もともとIT技術者ですから、彼が言ったのはITが必要だって言ってでも充分じゃない、でチェンジザルールが重要だったわけです。彼のこの本で言いたいことは、IT投資のテクノロジー装備だけでは利益向上に繋がらない。

なぜならば、何もルールが変わっていないからだ。言い切ってますね。サプライチェーン難しさって一つの組織としてないと思うんだって言いました。



で、win-winでつなぐ必要がある。どこが一番大事なチェーンなんでしょう?この中でどれだろう?どう考えても多分お客様のところじゃないですかね。ここが良くならないと、ここで売り上げ上がらないと全部のサプライチェーンが潤うことはないんじゃない?いくらこう良くしたとしても、ここの売り上げ上がんなかったら結果として悪くなる。実はここで一つ言えるのは売上ってどういうふうに立つのかっていう。

在庫削減 SCM サプライチェーン 適正在庫 全体最適 部分最適 TOC

これ最終ユーザーが購入するまで売れたとは言えない。次のチェーンに渡したら、実は自分たちの仕事が終わったと言えない。全部がここが一番大事だといいます。ここでさ、社内と社外どちらのマイナスを消すのが大事?

これ言い換えるとさ、お客様のマイナス消すと、社内マイナスどっちがいいんだろう?そう考えるお客さんのマイナスを消さないとお金入って来ないんじゃない?そうだね。社内のマイナスを消すことが目的になったらどうですか?そのプロジェクトが欠品と過剰在庫の同時解消とか言ってんだけど、実はこのライブだけで、現実にはさ、このまとめに発注してたらどうなります?一生懸命やってる。



ボコって発注されてしまったら、ボコっとまとめて配送されてしまった。ボコボコっと来てしまう。やっぱりうまくいかないよねって外のせいにする、どう?それで問題解決します?問題は解決しないですね。実は社内のマイナスを消すことを目的にするとね。最大の障害は、社外によってやっぱり社外の問題では無理だよねって言い訳になっちゃうよ。

在庫削減 SCM サプライチェーン 適正在庫 全体最適 部分最適 TOC

本当の制約に取り込むなくていいんですか?

これが一番大事な制約であると、制約以外の改善はした。全て無駄である。これやらないと、ここに全力をするためにどうしたらいいかって考えなきゃいけないどうだかね。ゴールドラット博士は小売業と卸売業の方々がね。実は売りを立てることが大事で、そのためにもっとも重要なものって何だろうっていうのを語っているビデオがあります。ビデオみていただきたいと思います。


~ビデオ~


動画はこちら


留言


bottom of page