top of page

アパレル経営を改善する5つのクイズとは?⑤

そういったことについて、自動的にこのマシンラーニングですね。コンピューターが学習して行くことによってやっていけるんですよ。それがまあね、本当にベテランの人たちの知恵とか、世界ですごい方々の知恵が全部詰まったものを。そういったものをアルゴリズム入ってます。それが常に状況に応じて市場も常に変化しますから、その変化を捉えて、そしてフィードバックかけていくっていう風な仕組みを持っています。こうやって、やっていくとですね。更に言うと、原材料の生地の確保も大事ですし、生産優先はどれがすればいいんだと言うこと。物流優先はどれがいいんだろうっていうのを単一的な見方でやれるようにすると。



そしてさらに言うと、工場とかサプライヤーのそのウィンウィンの関係も一緒に作っていけるようにするということをやって。更に実は連休とか大型プロモーションのときは、いつもより2倍売れるとかそういうのがあります。そういったところについての機械学習で、それを実際にサジェスチョンをくれるという仕組みです。


在庫削減 SCM サプライチェーン 適正在庫 全体最適 部分最適 TOC アパレル


こうやって行くとどうなるかっていうと。実はね、もうけを最大化する意思決定ができるんじゃないですかね。そうするとね、こういった利益をどんどん上げていくことをずっと稼働するような仕組みっていうのができるってことです。で、このシステムなんですけど、汎用な成果をもたらすことがはっきりしてますので、良すぎるとか、過剰在庫から資金を捻出すればいいですよ。これ別に在庫が多ければ多いほうなんですけど、システムすごく安いので。どんなになっちゃうかっていうと、実はですね、IT部門でお金をつかうものだと思ってませんでしたか?そうじゃないです。これからIT部門は過剰在庫から資金を作ります。お金を使うITからお金を作るIT部門。お金を作るデジタルトランスフォーメーションが出来る。お金を作るDXってどうでしょうかね。実はアパレルクライアントってもう本当にたくさんあるんです。これ、オッケーいただいている会社だけでこのぐらいあるんですけども。そうやって実際にやった事例がありますので、130店舗を持つスポーツアパレルチェーンの事例をご紹介したいと思います。


~ビデオ~


動画はこちら

Comentários


bottom of page