top of page

アパレル産業のサステナビリティにTOC(制約理論)は貢献できるか?②

この中でトヨタ生産方式っていうこれ、百刷り以上なんですよ。



店間移動 初期配分 自動補充 自動フォロー 季節対応 イベント セール セールイベント 販促イベント 色欠け サイズ欠け アパレル ファッション 服 靴 シューズ 消化率 プロパー消化率 在庫回転率 在庫削減 値引き マークダウン 売り逃し 廃棄 OMO システム ツール SaaS クラウド サービス

これ、この本なんですけど、百刷りすごくないですか?


この世界の工場を変えたといわれる、トヨタ生産方式の中でこういうことを書いてるんですね。彼は無駄をしちゃだめだって言ってんですよ。その時に作りすぎのムダ。運搬のムダ、加工するものムダだってあるというふうに思っています。


で、この中ですね、一番大きな無駄なんでしょうか?もうわかるよね。もう作りすぎ大野耐一さんはそれをものすごく怒ったそうです。明日いるかもしれないからって、前もって作っちゃう。あしたどうせ作るだろう。それによって無駄なものが発生するんだって言ってんですね。


大量廃棄して何に怒ってるんですか?各工程の手持ちは違いますよね。作りすぎのムダで怒っているんじゃないね。リサイクル素材を使って、もうね、必要以上に作ったら環境保護になりますか?これもリサイクル素材がどんどん作られる。それ、人間の努力を無駄になりません。その運搬も、それに対してCO2出しますよ。


これやっぱり必要以上な物を作ったり、十億枚ですよ。それが無駄になるってどうですか?一番の無駄作り過ぎの無駄。これはもう産業界での常識になってる。


動画はこちら

Comentarios


bottom of page