top of page

アパレル産業のサステナビリティにTOC(制約理論)は貢献できるか?①

アパレル産業サステナビリティにTOCが貢献できるかっていうことなんですけども。あの実は僕、ファッション大好きでして。アパレル産業だめになるって嫌なんですよね。


やっぱり人間ってのはファンダメンタルに個性を表現したいっていう生き物だと、ゴールドラット博士も言ってるんですけども。なお、アパレルがサステイナビリティを非常にいい出すのはいいことだと思うんですけども。


サステナビリティの方向性が微妙に違うんじゃないかって?ちょっと心配になっていると。これ、あのご存知のとうりですね。朝日新聞の記者が書いた本なんですね。

これ、光文社のところで出てるんですけど「大量廃棄社会」っていう本があります。この中で有名な事例ですね。恵方巻が捨てられていると。それとですね。これ見てください。


店間移動 初期配分 自動補充 自動フォロー 季節対応 イベント セール セールイベント 販促イベント 色欠け サイズ欠け アパレル ファッション 服 靴 シューズ 消化率 プロパー消化率 在庫回転率 在庫削減 値引き マークダウン 売り逃し 廃棄 OMO システム ツール SaaS クラウド サービス


これ、すごいでしょ?これね、このリサイクル会社に持ち込まれた古着と一日9tも古着が集まってくると言う風になってますけれども、実はね無駄に捨てられる年十億着の新品の服があるという。実は年十億の新品の服が捨てられてるってどうですか?大変なことだと思いませんか?



動画はこちら

コメント


bottom of page