top of page

【衝撃の現実!日本のサプライチェーンがうまく行かない理由とは?⑥】

もう実はある企業に向けて、実はその企業の方々の横串で全部でやっていただきます。


ええ、本当にあのこれで全体最適でどうするかって議論してるんですけども、「こんなに短期間人育つのかと『ザ・ゴール』の物語は本当だった」。アパレル会社の社長が。


そして「50年以上ですね。世界で標準的に使われているコンピューターのアルゴリズムMin-Maxに数学的な誤りがあるなんて。在庫管理の考え方なんですけど、これに数学的な誤りがあるんだということがまあなんですけども、これ衝撃だった。」


で「会社の全てのバリューチェーンへみんなで集まって問題解決するのがが本当に楽しい」と一部署で解決できない。


みんな集まったら解決できることありますよね?さらに、

「社内に組織を超えて100人のトップエキスパート。で、一気に育成したことで組織の壁がなくなり、風通しが良くなりました」って。

もう生産担当役員が狂喜して喜んだ。

わが社でこんな巨大な埋蔵金が過剰在庫からキャッシュができるなんて驚きました。このコースはお金を見ますと経営企画部長が喜んでさらにですね。


「『目からウロコ』の連続で本当に楽しい3ヵ月。サプライチェーンの知識が全くなかった私でも、国際認定資格を得ることができました。」

今の若手でね、もう。

だから若い時から国際認定資格を取って理論的に仕事をする。

ねえ、もっと言ったら最近の若手優秀ですよ。すぐにその応用問題を解いてパワーポイントとエクセルとで見事に計算すること。



在庫管理 需要予測 サプライチェーン



で本当のエキスパートが育ったこと。

だって組織を越えて問題解決するもんで、会社の人たちにね、幹部候補育成できましたと、まあ、人事の人たちがこれ実は予算出してこれすごい喜んでくれた。

でこれ説明会も随時やってますので、ぜひこれ見ていただければと思います。


動画はこちら

Comments


bottom of page