top of page

【無駄な在庫で、会社を貧乏にするサプライチェーン6つの罠とは?⑤】


例えばですね。生産効率改善のためにですね。まとめて週とか、月とか計画すると、そうするとまとめて生産して効率上げるとしてるから、その分だね。リーズタイムは?なるほど。


そうすると市場のレスポンスは?だからその分だけ在庫は増える。

その分だけ過剰在庫欠品のチャンスが増えてしまう。

ええで、設備稼働の改善のためにね。段取りの手間を削減しなきゃいけないからってまとめて作るとどうなんです?


また、これも在庫が増えるで、さらに。納期遵守率の改善のために?納期を守るために早めに投入するってどうした?納期を守ろうと思ったら早めに投入したらいいだろってんだけど、実はさ、4週間前に投入すると4週間分のものが工場で溢れるんですよ。8週間前にしたら8週間分ですよ。



2週間前に導入したら?1週間は?そのまま待ち時間がなくなるんじゃないか。加工時間はほんのちょっとなんです。待ち時間を減らせばいいね。さらに生産目標達成のために、今いらない物作ってるってどう?


僕も前職で面白いことがあったんですけど、会社として売上達成していないのに生産の売上を達成しちゃうんですよ。不思議なんて言いますけど、いらないの作って生産達成とかって喜んでるって今となっては反省しています。本当に申し訳ないけど、今いらないものを作って会社を貧乏にしてましたと。


まあ、我々ね。もともと実務者だからどうも懺悔系ってよく言われるんですけどね。

よく懺悔しています。


さて、コストダウンためにどうする?で予測でまとめて購入するとすると、これがいらなくなっちゃったりするんですよ。やっぱり利益のダメージにな


ってね。あとでね。


ちょっとそれをライトオフするってことをおっしゃるんですけど、もうちょっとこれも痛いですよね。さらにアウトソースして、実はこれ、リードタイム短くて海外で作ると。なんか海外に行くって国内ではね。相場で1週間でできるものを海外に出したら、4週間から4週間の在庫増えるとどうですか?



これあの六つの落とし穴。これチェックして頂いて、結構付くようだったらぜひ相談していただきたいと。

在庫管理 効率化 原価低減 リードタイム短縮 納期短縮 アパレル


あのゴールドラットのラット君のお悩み解消コンシェルジュへ。これやばいなと思ったら連絡していただければご相談に乗りますので。


はい、よくあると思ってるの?会社の落とし穴りますってことですね。


動画はこちら


Comments


bottom of page