top of page

【欠品と過剰在庫が同時に起きてしまうMin-Max計算法の数学的誤りとは?⑦】

シグナルとノイズの分離が大切であるという考えを使うとどうなるか


1シグマ、つまり統計的変動といわれるばらつきと、

それを越えたときのシグナルで分けることができます



DBMは、ノイズとシグナルを

分離する許容区分を

在庫のばらつきが変化し続ける環境に合わせて調整し続けます

これにより、シューハートの管理図の適用範囲を拡大しているのです


つまりノイズとシグナルを分けるという、品質管理の知見は

在庫管理にも使えるのです




コンピューターの中のアルゴリズムだけで欠品と過剰在庫を解消することができたら素晴らしくないですか?


現場も売れていることが分かれば言われなくても作ろうと思いますよね

どの色が優先か誰でもわかり、売れ行きが分かるとモチベーションも沸く



店頭で行っていることが工場までわかると、全体最適のサプライチェーンとなります


より正しい公式を使った方が、結果はよりよくなる

誤った公式がらはやっぱり誤った答えが出てくる

ずっとそういう状況があるのであれば、公式そのものを疑う必要があったってことですね



動画はこちら





コメント


bottom of page