top of page

【欠品と過剰在庫が同時に起きてしまうMin-Max計算法の数学的誤りとは?④】

長い期間、4週間のデータを使った例を見ていきましょう


長い監視期間の消費平均を使うと

ノイズへは反応しずらくなる

ただ、急な変化をとらえられない

それで、現実の変化に素早くついていけないということになってしまいます


在庫定数は消費平均のX日分(例えば5日分)持ってるんですけど

在庫定数は比較的ゆっくり変化するので、

消費は変動し続けているので、

消費の急激な増加に在庫定数の調整が追い付かないことが出てきてしまいます

そうすると欠品してしまう恐れが出てきてしまいます

下のグラフの赤矢印の部分ですね


一方で

消費の急激な減少に在庫定数の調整が追い付かない

そうすると過剰在庫になってしまいます

下のグラフの緑矢印の部分になります


欠品すると「なんでだー!」って怒られるし

過剰在庫でも「なんだー!」って怒られる


欠品と過剰在庫どっちが怒られます?

欠品したら「なんでないんだー!!」って大騒ぎになりますよね

欠品したくないので安全在庫を多めに持つ

人間ですから、やっぱり怒られたくないですよね

なので、欠品しないように人は動いてしまうんです






動画はこちら





Comentarios


bottom of page