top of page

【欠品と過剰在庫が同時に起きてしまうMin-Max計算法の数学的誤りとは?②】

実はMin-Maxシステムって60年も前のものなんです

それが今、標準として使われています

60年間も同じルールを使っているってどうですか?


数学的に言うと明らかに間違っているんです

実は当時の、60年前のコンピューターで可能な算数のレベルでやってるんです


Min-Maxには基本設計があります


1.直近のある定めた監視期間の平均消費数が主要なパラメータである

2.平均消費数に、補充リードタイムと、発注単位、安全係数を組み合わせて、

  在庫定数(Min値、Max値)を決める

3.消費のバラツキ(標準偏差)、陳列スペースの大きさ、過剰在庫や欠品時の

  損失ダメージバランスなどを勘案して安全係数を決める


KKD(過去の勘と経験と度胸)で安全係数を決めているんですね


Min値を下回ったら発注をして、納入されるまでしばらく消費が続いて、

納入されたら一気に在庫数が上がる


こうやって欠品しないようにしているんですね


次回は監視期間のジレンマについてお話しします




動画はこちら





Comments


bottom of page